日 時 2017年4月25日(火) 18:30-19:30
タイトル オープンサイエンスって何?開かれ始めた研究の世界
スピーカー 天野絵里子さん(京都大学 学術研究支援室)
一方井祐子・小野英理(世話人とのトークセッション)
場 所 同志社大学室町校舎 寒梅館 6階 大会議室

メモ

当日参加者20名(世話人3名+スピーカー含む)

〇 参考資料の紹介

  • 『オープンサイエンス革命(マイケル・ニールセン)』

〇 オープンサイエンスとは(Wikipedia英語版)

  • 定義がざっくりしている。
  • 異なる立場(研究者・市民)の視点が入っている。
  • 複数の話題(オープンデータとシチズンサイエンス)を含む。分けて整理すべき?その必要はない?

〇 オープンサイエンスとは(内閣府の定義)

  • 目的が明記されている。
  • イノベーションって何だろう?
  • 科学技術研究に限定?自然科学と考えてもOK?

〇 “academist”について

  • 日本ではクラウドファンディングもオープンサイエンスに含まれる。
  • (経験者談)知人からの支援が多い。最近では大学も積極的に薦めるように変化。

〇 “Figshare”について

  • 公開されたデータには基本的にはDOIがつく。

〇 オープンサイエンスで変わること

  • オープンデータは市民にとって特に役に立たないのでは?
  • 市民といってもさまざまな立場がある。
  • 自分の身近な話題だったらデータや論文にアクセスするのでは?(ex. 空間放射線量)
  • 自分がどの立場でオープンサイエンスに関わるか、が大事そう。

〇 ディスカッションタイム

  • 博物館のプロジェクトに参加したことがあるが、すぐに飽きてしまった。
  • 興味を持続させるためにはゲーム性が大事だが、追求しすぎてもよくない。
  • 参加者間のコミュニティをつくるための仕掛けが大事ではないか。
  • オンラインの場もオフラインの場も大事。
  • オンライン化は手間が省ける?むしろ関連整備で手間が増える?
  • オープンサイエンスのノウハウがオープンになっておらず、実践しようとしたときにどうしていいか分からないことが多い。

〇 研究者以外も論文を読める

  • 論文のプレスリリースは記者向け。
  • オープンアクセス誌を除き、科学記者は原典資料にアクセスできない。
  • オープンサイエンスは記事の質を上げるのに役立つのでは?

〇 やせいのサイエンティスト

  • 分野によっては野生のサイエンティストが多くいる。
  • どのようにして研究の質を担保するかが難しい。

〇 オープンサイエンスは科学技術だけ?

  • 人文系でもオープンサイエンス的な取り組みはある。
  • “Open”だけでなく“Public”という視点もある。

〇 オープンにするメリット/デメリット

  • 小規模の出版社がかなりの影響を受けるのでは
  • 倫理問題なども考えなければいけない。
  • 自然科学系だけでなく人文系の視点も必要。

〇 ディスカッションタイム (全般について)

  • 誰に対してオープン?
  • 程度やバランスをどうとるか。行き過ぎると危険?
  • お金をかけなくても良い、という風潮になるとよくないかも…
  • オープンサイエンスによって科学の範囲が変わるかもしれない。
  • 研究や研究者の価値はどう変化していくのか? (研究に関して)
  • オンラインが弊害となっている研究分野もある。オープンサイエンスによってクローズ化がすすむこともある? (市民参加について)
  • 市民にルールを押し付けるのではなく、ルールを一緒に作っていくことが必要では。
  • 研究の目的を十分に説明することは必要?必ずしも必要ではない?